0

サイバー資格、来春試験…企業防衛へ3万人養成

Posted by admin on 10月 17, 2016 in RU486

サイバーセキュリティーの専門家を認定する国家資格「情報処理安全確保支援士」の最初の資格試験が、2017年4月に行われることが固まった。

政府は、資格の通称を「登録情報セキュリティスペシャリスト」に決めた。名刺などへの使用を想定して専用マークも作り、周知に努める。

政府は20年の東京五輪・パラリンピックなどを狙ったサイバーテロに備え、20年までに3万人超の支援士の養成を目指す。新たな資格制度を創設することで、企業や行政がサイバーセキュリティーに精通した人材を見極めやすくし、サイバー攻撃に備える考えだ。

支援士は、サイバー攻撃を受けると甚大な影響が出る分野で防御策を講じる役割が期待される。対象は、重要な個人情報を扱う金融機関や官公庁、電力やガス、鉄道といった重要インフラ(社会基盤)の関連企業などが想定される。

超級猛男健力カプセル販売–精力剤
巨根カブセル

 
0

常陽銀と足利HDが統合、めぶきFG発足

Posted by admin on 10月 7, 2016 in RU486

常陽銀行(本店・水戸市)と、足利銀行を傘下に持つ足利ホールディングス(HD)(本社・宇都宮市)が1日、経営統合し、持ち株会社「めぶきフィナンシャルグループ(FG)」を発足させた。

 水戸市、宇都宮市ではこの日、式典などが行われ、統合後の総資産が約15兆円となり、地銀グループとしては全国3位、北関東で最大となる金融グループの船出を祝った。紅蜘蛛(液体)+壮陽丹

 水戸市で開かれた記者会見には、めぶきFGの社長に就任した常陽銀行・寺門一義頭取と、副社長となった足利HD・松下正直社長が出席。寺門社長は「両行共に地域のリーディングバンクとしての自負があり、社会的な使命を強く認識している。地域の活性化にこれまで以上に貢献していきたい」と抱負を語った。

 めぶきFGは両行のほか、リース業、証券業などのグループ会社で構成。5年間で、銀行とグループ会社で15店舗を新規出店する方針だ。統合による経費削減効果は、150億円程度を目標として設定している。

 両行は、昨春から具体的な交渉を始め、人口減少に伴って北関東の地域経済が減退する中で、茨城・栃木両県を代表する金融機関として共存の道を探った。
韓国痩身一号

 昨年11月に経営統合の基本合意書を締結。今年4月には、「地域に新たな価値と活力を芽吹かせる」という意味を込め、統合後の持ち株会社名称を「めぶきFG」とすることを発表した。

 足利HDの商号をめぶきFGに変更し、株式交換した常陽銀行が傘下に入る方法で組織再編した。めぶきFGの本店は東京都中央区に置き、実務機能を持つ本社は、水戸市と宇都宮市にある両行それぞれの本店に置く。

 両行の基幹システムは、常陽銀のものに2020年1月に統合する予定。今月から足利銀行の主要拠点で、常陽銀行の証券子会社の常陽証券が扱う商品の仲介を始めるなど、証券分野などでも相互活用を推進する。

 18年度までの第1次中期経営計画では連結当期税引き後利益を470億円程度とし、連結自己資本比率は10%台半ばを目指すとした。

Copyright © 2017 三体牛鞭 All rights reserved. Theme by Laptop Geek.