0

静岡県選抜、海外強豪と激突 8日から静岡国際U―15サッカー

Posted by admin on 9月 27, 2016 in RU486

静岡県内中学生チームと海外クラブが対戦する「スルガカップ2016静岡国際ユースU―15(15歳以下)サッカー大会」(静岡県サッカー協会主催、静岡新聞社・静岡放送後援、スルガ銀行特別協賛)が10月8日から3日間、エコパスタジアムなどで開かれる。

中学生年代の強化、育成の場として行われ、前年に続き2回目。県選抜は、8月の日本クラブユース選手権(U―15)決勝で対戦した清水JY、JFAアカデミー福島などを主体とした「チームSSS」と「チームFFF」の2チームを結成する。SSSは清水JYの岩下潤氏、FFFはアスルクラロ沼津U―15の石橋真和氏がそれぞれ監督を務める。

海外からユベントス(イタリア)など強豪4クラブが参戦する。これまで世界トップクラスの選手を生んだユベントスは、U―15もイタリアで上位の力を持つ。育成部門にも力を入れる名門のプレーに注目したい。パチューカはメキシコ最古のクラブ。国内大会優勝も経験し、実力は折り紙付きだ。2年連続出場のチョンブリー(タイ)、本県と友好提携を結ぶ中国・浙江省の杭州緑城が加わる。

期間中には、1990年イタリアワールドカップ(W杯)得点王で、元ジュビロ磐田のスキラッチ氏が指導者対象に講演会を行うほか、メキシコを率いて2005年のU―17W杯で優勝したヘスス・ラミレス氏の指導者講習も行われる。

県サッカー協会の竹山勝自専務理事は「海外選手との戦いで実績を積み、4年後の東京五輪に県内選手を送り出すことができれば」と期待している。

 

<a href=”http://www.shanghaikanpo.com/view/1707.html” ><STRONG>威力王</strong></a>
<a href=”http://www.shanghaikanpo.com/view/1700.html” ><STRONG>公主欲液</strong></a>

Copyright © 2017 三体牛鞭 All rights reserved. Theme by Laptop Geek.