-

三便宝ちゃんも今日が初対面なのにさ、どうしてあたしを、そんな目で見るの

Posted by admin on 8月 30, 2011 in 威哥王

同時にちょっとだけ思うのは、あの時のマイカは、確かに悲しい目にあったかもしれないけど。
そんなことあるはずないって思ってたマイカが本気で誰かを想うことになる、コドゥを信じることになるきっかけがあったのは確かだったんだろうってことだった。

その悲しい運命を止めるということは、その本気の想いがなかったことになるってことなんだろう。
その気持ちを奪ってしまうってことなんだろう。
その責任は取らなくちゃいけない。花痴
ミャコはそう思っていて。

「……あるはずがない。そう思ってるうちは何も変わらないさ。その意味を知る機会を奪ってしまうことは謝ろう。予言なんて曖昧なものを信じられないのも分かる。だからこれからのことは、私たちの我が侭だと思ってくれていい。君自身すら想像できないだろう悲しみの涙を勝手に止めに来たおせっかいな奴ら。その程度に考えておいてくれればね」

まるで、そんなミャコの気持ちを代弁するみたいに。
まるで泣きじゃくるマイカのことをその目で見たと言わんばかりに。
それまでずっと沈黙を守っていたアキが、口を開いて。
それを防ぐためには、世界にある命のキセキ、それを内に秘めたレイアたちを守り助け、命のキセキが本来あるべき形で使われるようにしなくてはならない。

それは、言葉で単純に表わせるほど簡単なものじゃなかったけど。威哥王
アキの予言の力は、そんなレイアたちの悲しいさだめを知ることのできる力を秘めていた。
ルーシァにもえっちゃんにも、でもってきっとミャコにもそんなさだめがあって。
その悲しいさだめを打ち破ることで、ミャコたちは今ここにいる。

こうして改めて考えてみると、アキの力ってちょっと凄すぎないかなって気はする。
前の世界でアキがいてくれたら。
そんな理不尽なことを考えてしまうくらいには。

アズの見たもの。
アキの読みが正しいなら、マイカと同じ、闇の力を持つ何者かが、水の国の船を使ってまで、やって来たってことになる。
その時、唐突に思い出したのは、火の力を下手なナヴィよりうまく扱うガルラのことだった。

レイアであるミャコに対抗しうる力を持ってた、火の力を持ったドリード。
それは、考えてみれば、かつての世界では有り得ないことだった。

コドゥでもナヴィでもない、その二つの種に拮抗しうる第三の種族。
そんなものがもし存在しているのなら、彼らのようなもののことを言うのかもしれない。
ミャコが確信の持てないその考えが、妄想めいたその考えが、どうしても頭から抜けなかった。
もしかしたらそれは、喋るドリードであるガルラを見たときから、薄々感じていたものなのかもしれないけれど。媚薬

タグ: , ,

 
-

いつのまにか威哥王委員は全て決まり、休み時間になっていた

Posted by admin on 8月 25, 2011 in 威哥王

振り向くと、3B名物の本好き萌え眼鏡っこ…ではなく、3Bのある意味名物、宙奈(そな)が、立ち上がりピンと天井をついていた。
凛とした瞳。
短い髪をちっちゃくふたつに結んだヘアは、遠崎宙奈そのものだった。精力剤
小顔なのが、ちょっと羨ましい気もする。
「あたしが、やります。」
やけにきっぱりと言い切っていた。
鋭く瞳が光っている。
「じゃあ…もう一人は…古滝さんね。」
宙奈に気圧されつつも、実はやりたかった図書委員に挙手した私は、何か申し訳ないような気持ちになった。
古滝怜香(れいか)。
クラスで草食系だけどなんとか生きていける奴。
それが私だ。
「やっちゃったな…」
と感じ力が抜けた状態のまま、いつのまにか委員は全て決まり、休み時間になっていた。三便宝
めくるめく日々。去年も一昨年もおんなじ繰り返し。ということで、春の委員会決めが始まった。
「えー、いないので、後でまた聞きます。」
次。五六人の手が挙がったのは、保健委員。
宙奈に気圧されつつも、実はやりたかった図書委員に挙手した私は、何か申し訳ないような気持ちになった。
古滝怜香(れいか)。
クラスで草食系だけどなんとか生きていける奴。
それが私だ。
「やっちゃったな…」
と感じ力が抜けた状態のまま、いつのまにか委員は全て決まり、休み時間になっていた。

「そなっち!!宿題見せて!!」
「もー、駄目だよ詩織ちゃん。先生まだいるじゃん!!移させてあげるけど。」
「ありがと、助かったあ。」
そんなやりとりをする宙奈を横目に見ながら、私は気まずい休み時間を過ごしていた。
机に突っ伏しながら、
宙奈と同じ委員にしてしまった破滅行為&何故に宙奈が人気なのか について考えていた。
でもそんな疑問に、私は。
結局は、
自分がしたいことを貫き通したから&明るくて言ったことは絶対守る忠実な性格で、しかも可愛く勉強もできるから
というやや悲しい結論を出してしまい、解いてしまうことを私は知っている。威哥王

タグ: , ,

 
-

気になっていた写真の花痴撮影者だからだ

Posted by admin on 8月 20, 2011 in 媚薬

鏡に映った喉元に手のひらを押し当てた。見ただけではわかりにくいけれど、喉仏はある。上を向いて喉をさらし、唾液を飲み込めば、見た目にもわかるだろう。
男の声だと指摘されたことはなかった。成長期の途中から女性ホルモンを摂取していたからなのか、女だと思い込んで訊けば女の声に聞こえるのか、これくらいの低音は女の子でも少なくないのか、まあ、そんなところだろうか。威哥王
歩くたびにブーツのかかとが、床に音を響かせる。
ぼんやりするたび、碧の言葉やしぐさを思い起こしてしまう。
碧のことばかり考えてしまうのは、気になっていた写真の花痴撮影者だからだ。それ以外に心が動く理由が見つからない。
気になる、というのは、どういうことなのだろう。
自分が綺麗な容姿をしていることは、自覚していた。だから、こんなことはよくある。
あなたが見惚れているのは、女装をしているオカマですよと教えたら、頬をそめたあの男は、どんな顔色になるのだろう。柚希はつい笑いそうになって、唇の端を引き締めた。精力剤
鏡に映る自分の姿を、女として認識したのは中学になったばかりのときだった。
性同一性障害。
母親にいくつもの病院に連れられて、最後の病院でそう告げられた。
可愛いものが好きだった。綺麗なものが好きだった。黒いランドセルが嫌だった。
病気なんだといわれても、あまりぴんとこなかった。中学一年からホルモン注射を定期的に打ち、身体が男っぽくなるのを抑えた。いまも錠剤で服用している。
昨日は、いろんなひとと話をしたのに、思い出すのは碧との会話ばかりだ。
碧と同じメーカーの一眼レフで、ある程度機能があるものを購入する。店員に事情を話して選んでもらったので、大きく外してはいないはずだ。
紙袋を受けとって、ふと顔を上げると柱の鏡に目が留まる。若い男が、柚希を凝視していた。鏡の中で目が合ったことに気づいて、慌てて男は視線を逸らした。
自分が綺麗な容姿をしていることは、自覚していた。だから、こんなことはよくある。
言動のすべてを思い起こしても、特別な出来事はなかった。今まで出会ったひとたちと同じように、碧は柚希の容姿を称賛し、あたりさわりのない会話をした。
妊娠したらヌードを撮らせて欲しいといわれたのは、多少驚いたけど。媚薬

タグ: , ,

 
-

彼といのは三便宝さん達と同じ存在なんですよね

Posted by admin on 8月 17, 2011 in 精力剤

その言葉に、皐月達は息を飲む。
一族の仕事は、自分達と同じく命の危険にさらされる仕事。多分、五体満足な人間でもかなりの危険を伴う。そんな仕事を盲目の人間がつくことなど無理だ。精力剤
「心眼という術があってね、それで見ようと思えば見えるの。ただ、その術を絶えず使用するのは体に負担がかかって難しいの。だからこそ、彼女の姉が名代として立っていた」
「沙紀さんが言う、彼といのは三便宝さん達と同じ存在なんですよね? その彼に選ばれたのなら今さらそんなことで反対されますかね?」
「俺もそう思う。さっちゃんだって力が強いから跡継ぎに選ばれたんだろう?」
「そう。普通ならありえない。でも、そのありえない事が起きている」
「沙紀様は、お小さくて知らなかったと思いますがあの家の人間関係はかなり複雑なのです」
「複雑?ああ、確か母親が違うって聞いたけど。上の姫の母親が亡くなって引き取られと聞いたけど」
「げっ、不倫ってこと? うまくいかないでしょ、普通。よく、妹の補佐なんか出来たわね」
皐月は、複雑な心境であるだろう姉に同情する。三便宝
「いや、妹のほうも複雑だろう。いきなり知らない人間が今日から家族ですって言われても」
「いえ違います。上の姫の母親が亡くなったのではなく、下の姫と兄の母親が亡くなって引き取られたんです」
「逆ですか………、ああ何だか昼メロの世界に突入しそうですね」
「本家についての説明はこんな感じです。それで、現在の状況ですがかなり悪いですね」
杉浦は、眉間に皺を寄せ言いにくそうに言葉を濁す。
「何が起きているの?」
「後継ぎ問題で揉めています。その為か、姫は本宅から姿を消し里にも姿を見せていないと」
「うん。だって、私子供だったのよ。父親の交友関係なんて知らないわ」
「さっ、沙紀さん。本題、本題に戻りましょう? ねっ、杉浦さん」
「旦那様は、奥さま一筋です。続きですが、奥方にやっと子供が出来たと分かった頃、同じように第2夫人にもお子様が。その上、同日に生まれました。本来なら正妻の子である姉の誕生に沸き立つはずでした。しかし、第2夫人に生まれた妹は彼に選ばれたと」
「うわっ、最悪だ」
「それで現在に至るわけです。そして跡継ぎ問題で揺れ始めた頃、姉姫が一族を出奔したそうです」
「見るに耐えかねてですかね。きっと、姉妹仲が良かったんじゃないでしょうか?」
「そうでしょうね。…………ってさっちゃん?」
急に黙りこんだ沙紀を不審に思い、皐月は様子を窺う。威哥王

タグ: , ,

 
-

それまでに精力剤を取って、英気を養ってくれ

Posted by admin on 8月 15, 2011 in 精力剤

ブリッジのやや後方の高い位置に設置された船長席にマックスが座り、ブリッジの一番前に設置された操縦席にルーカス、ブリッジ中央の航法用の席に副長のヴァン、そして右側の通信と索敵用の席にテレサが座っている。ルイスはロビーを連れて機関室だ。
「皆。ご苦労様」
船長席に座ったマックスが乗組員に言葉を掛けた。精力剤
「ミネルバ号の出発は13時0分の予定だ。遅くとも5分前に所定の席についてくれ。後50分程しかないが、それまでに昼食を取って、英気を養ってくれ。
それでは、解散!」
マックスの号令で、ルーカスとテレサは各々の席から立ち上がってブリッジから出て行った。ロビーを連れて機関室に待機していたルイスも談話室へ引き上げたようだ。
船長席から降りたマックスにヴァンが近づいた。
分かった。訓練の事は任せる。しかし、ミネルバ号は民間の商船だ。しかもルーカス、ルイス、テレサの3人は軍人じゃないからな。程々にしとけよ」
「アイアイサー」
マックスが了承するとヴァンが軍隊調の敬礼で答えた。
ヴァンの目が輝き出したのを見たマックスは3人を気の毒に思ってしまった。
マックスの命令にパイロットのルーカスが素早く対応した。威哥王
「外部遮断を確認。船内生命反応および、船体質量を確認せよ」
「外部遮蔽を確認しました。システムオールグリーンです。船内生命反応は8、船体質量も予定値。問題ありません」
テレサもルーカスに劣らない素早さでマックスの命令に答えた。
「核融合エンジンを起動せよ」
「核融合エンジン、起動しました。エネルギー充填中」
機関室のルイスの声がブリッジに響いた。
マックスはジェネレータ補充ゲージがグリーンの線を越えるのを待った。
「生命維持装置。反重力装置、重力補正装置を起動せよ」
「生命維持装置、反重力装置および重力補正装置を起動しました」
「テレサ。管制塔に通信。発進許可を貰ってくれ」
「はい。船長。
管制塔。こちら自由貿易船ミネルバ号。応答を願います」
「こちら管制塔、ミネルバ号どうぞ」
「ただ今から発進します。発進許可をお願いします」
「了解しました。発進を許可します。グッドラック、以上」
「ありがとう。以上」

通信が終わるのを待っていたマックスが、乗組員への命令を継続した。媚薬

タグ: , ,

 
-

羽美瑠や羽斗里にまで媚薬事要求しなくても

Posted by admin on 8月 11, 2011 in 精力剤

呉羽とミカが呟く中、当の双子はしゃがみ込んで何やら

コソコソと話している。

『みぃちゃん、なにもせずしてなにかをえようってどうい

う事でしゅか?』
『それは多分、何にもしないでお金はもらえないって事じ

ゃにゃいの?』
『ハッ、そうでしゅ! パパもママも、お店でお茶やコー

ヒーを出してお金ももらっていましゅよ!』
『じゃあ、わたち達も何かしなくちゃいけないのでしゅ!

精力剤

双子はうんと頷いて、「ちょっと待っていてくだしゃい

」と言うと、家の奥に走っていってしまった。
白兎が困った顔で、父である杏也を見る。

「父さん、羽美瑠や羽斗里にまでそんな事要求しなくても

……」
「今の内から、社会の厳しさを教えてあげなくちゃね」
「そんな事言って、アリスには何も要求しないのに……」

アリスと聞いて、杏也は相好を崩した。
アリスは恥ずかしがりやなのか、ここに来てから一度も

声を出していない。
ミカが、用意していたお年玉の袋を取り出すと、またも

や礼儀正しく頭を下げ、お礼の言葉を告げる白兎。
やっぱり礼儀正しいな、とミカと呉羽は感心しながら思

った。

「アリス? ミカちゃんがお年玉ですって。受け取るくら

いは恥ずかしくないでしょ?」

すると、アリスはマリの腕の中でそろっと顔を上げると

、ミカの顔をじっと見た。威哥王
しかし、ミカがにっこりと笑いかけると、パッと顔を真

っ赤にしてまたマリの胸の中に顔を埋めてしまう。

「もうアリスったら、どれだけ恥ずかしがり屋なのかしら


「ははは、思わず人ごみの中に置き去りにしたくなるねぇ

呆れたように溜息をつくマリの隣で、杏也はとんでもな

い事をいう。
白兎も後ろでこっそりと溜息をついた。

二人はちょこまかと、大人達の周りで追いかけっこを始

める。そして最後に、マリの足元でぐるぐると回ると、ハ

シッと二人してその足にしがみ付いた。

「マリおばしゃん、早くしないと、はみぃ猫がとりぃねず

みを食べちゃうよ?」
「僕食べられちゃいまチュ!」

ウルウルとした瞳で見つめられ、あまりのらぶりぃさに

マリは気絶寸前であった。

「いやぁ~ん!! もう何これ! メルヘン過ぎるのにも

程があるわ!!」
「……メルヘン……」
「ハッ、アリスが今日始めて喋った!」

顔を伏せていたはずのアリスが、今は顔を上げ、双子を

じっと見詰めている。三便宝

タグ: , ,

 
-

ミカの様な地味な女と付き合うより、自分と付き合う方がいい

Posted by admin on 8月 6, 2011 in 精力剤

それは何故だか、呉羽に対する告白が減る所か、寧ろ前より増えていた。
実は、ミカに対する、男子の見る目も変わってはいたのだが、話し掛けようとする者、近付く者は、ことごとく呉羽と杜若の手によって阻止されていた。
なので、そんなものがあった事事態、ミカ自身は全く知らない。

呉羽に対する告白。
それは全て、ミカより自分の方が可愛いとか、ミカの様な地味な女と付き合うより、自分と付き合う方がいい筈だとかいう、自意識過剰なものばかりだった。
正直、うんざりして、無視したいところだが、それではまた、ミカが嫌がらされてしまうのではと危惧し、一々こうして、会って、断って、ミカに手を出さないように念を押すのである。媚薬

(ったく、何で中庭なんだよ。下手すりゃ、ミカに見られんじゃねーか!)

イライラとしながら、心の中で愚痴をこぼす呉羽。
そして漸く、その待ち人が来た。

もういい加減、お弁当は諦めて欲しいと、ミカが思っていると、竜貴は申し訳なさそうにこう言った。

「一ノ瀬さん、実は俺、今までの事を君に謝りたくて……」
「謝る?」
「ああ、色々、騒ぎにもなったりしたろ? 君が嫌がらせを受けていたのも、俺のせいでもあるし……」

すると、竜貴は周りを気にし始めた。

「ここではちょっと人目があるから、別の所でいいかな? 俺、一応生徒会長だしね。また何か噂になったりしたら大変だ」

そう言って、困ったように笑う竜貴。三便宝

信じられない思いで、その光景を見るミカ。
竜貴について、渡り廊下を歩いていると、中庭が見え、そこには先程探していた呉羽の姿があった。
そして何故か。副会長であるあやめの姿もある。
何しているのだろうと眺めていると、あやめが呉羽に抱きつき、首に手を回して、そして――。

「一ノ瀬さん」

声を掛けられ、放心状態のミカは、呆然と竜貴を見やる。
彼は辛そうにミカを見ていた。

「大丈夫かい? 顔が真っ青だ……。きっと、何かの間違いだよ。理由か何かあるに違いない。そうだ、今から問いただしてみようか? 俺も一緒に行ってあげるよ」

優しい声でそう言って、ミカの手を取り、引っ張ってゆこうとする。威哥王

タグ: , ,

 
-

道路を挟んだ向かいに花痴女の子が住んでいる

Posted by admin on 8月 4, 2011 in 精力剤

僕はもともと線が細く、なんだかひ弱で男子の遊びについていけなかった。だから、いつも愛ちゃんと遊んでいた。そういえばあの利根川の土手は今もあのまま だろうか。利根川は僕と愛ちゃんの家から徒歩3分の距離にあり、幼少のころの僕たちの遊び場だった。シチュエーションを愛ちゃんが決めて二人で物語を作っ ていく、よく人形を持っていって、映画にも劣らぬ大スペクタクルを演じていた。いつもヒーローは愛ちゃんがやって、僕は、男の子か、ヒロインの役立った。 いつも愛ちゃんに守ってもらう役で僕は、まるで僕自身のことだといつも思った。威哥王

僕ははじめは愛ちゃんの着せ替えを見ているばっかりだったけど、愛ちゃんに自分が見合うようになりたくて、パパの服を着るようになった。ぶかぶかのシャツ に、かた結びのネクタイで愛ちゃんの相手役をした。でもいつも愛ちゃんに「千尋くんにはそんなの似合わない」といわれた。でも僕は自分の格好に満足してい た。鏡で見ると確かにちんちくりんだったけど、普通の服よりかは愛ちゃんの装いに似合っていたから。でも愛ちゃんは次に僕んちに来るとき自分のお下がりを 持ってきた。愛ちゃんに着るように言われ僕はその服に袖を通す。少しきつかったけど何とか入った。愛ちゃんはお下がりを着た僕を見て満面の笑みを浮かべ た。「これからは遊ぶときそういう格好をして」と愛ちゃんが僕に耳打ちする。僕は愛ちゃんが喜んでくれたのがうれしくて、愛ちゃんの言葉を鵜呑みにした。 愛ちゃんはお母さんの長いドレスのすそを引きずりながら僕の周りを一周し、僕をよく見て、自分のお下がりが僕に小さすぎることに気が付いた。僕と愛ちゃん の身長はほとんど同じになっていた。

お父さんに買ってもらった服ばかり着ていた。愛ちゃんはお母さんが買った僕の服を見ると、たいそう興奮したように「素敵な服!どうしてこれを着ないの?」 と僕に投げかけた。僕はその問いには答えず、「愛ちゃんが着ていいよ。」といった。僕の服を着た愛ちゃんは本当に美しかった。黒サリエルパンツにすこしフ リルの付いた薄紫のTシャツ、それにふわふわの黒いジャケットを羽織ると本当に貴族の少年みたいだった。ショートボブの髪と色素が少し薄い茶色で切れ長の 目すっと通った鼻筋と薄い唇、その少し冷ややかな顔立ちに、僕の服は本当によく似合った。三便宝愛ちゃんは鏡で自分の服装をよくチェックすると満足げには鼻を鳴 らした。そして僕に振り返ると「どう?」と僕の目を見つめていった。ぼくは、しどろもどろに感想を述べる。「シックな色使いと愛ちゃんの顔と雰囲気に、そ の・・・とてもあってると思うよ。」愛ちゃんは僕の返答を聞き満足げにうなづくと、僕のほうを向いて考え込むようなポーズをとった。「でも、私がこんな格 好をするなら、私の服では千尋くんにはもったいないわ。」と愛ちゃんが少しくたびれた自分の服を着る僕を見ていった。
僕はその夜お母さんに、愛ちゃんが僕の服を着るから僕に、それに見合う服が欲しい。と話した。お母さんは、なら貴方も私が買った服を着ればいいじゃない。といった。僕はお母さんに笑われるのを覚悟で女の子の服が欲しいと言った。お母さんは笑った。花痴

タグ: , ,

 
-

精力剤の意味が分かっても、それだけでは実際には使うことが出来ない

Posted by admin on 8月 2, 2011 in 精力剤

男「それに言葉は、読む→書く→聞く→話すという順番に難易度が上がって行く。すなわち、これは聞くことと話すことにスピードが要求されるからで、止まっ て動かない英文を辞書片手に訳して理解するスピードでは、少なくとも実際の会話のスピードには付いて行けない。よく日本人は英語の文章を後ろから訳して行 く癖があるが、会話中にそれは絶対無理だろ。話す順番に意味が理解できなければ、後から巻き戻して聞くことなんて実際の会話では出来ない。話すとなると更 に難しい。三便宝相手の言ったことを頭の中で日本語に訳して理解し、それに対する答えを日本語で考えた後に英訳してから話すなんて、それこそ現実にはとてもじゃ ないけど不可能だ。
だからこそ、勉強は語彙力や文法などの知識を集中して詰め込む暗記(インプット)と、英語を実際に使って慣れて行くという実践(アウトプット)の 二つの方法を交互に繰り返して行くしかない。英会話教室だけではいくら通っても話せるようにならないのは、勉強の方法ではなく、勉強量の絶対的な不足にあ る。だから、肝心なのは、自習にどれだけ真剣に、そして量をこなすかなんだ。そもそも、自習がメインなら、英会話教室に行く必要もない。時間とお金に余裕 がある人が行けばいい。

でもさ、その前に単語を覚えるってどういう常態を言うんだろう?仮に英単語を一つ覚えるとしよう。普通なら、英単語一つに日本語訳を1つか2つ覚えること をイメージすると思うけど、それで覚えたことになるんだろうか?英単語の意味が分かっても、それだけでは実際には使うことが出来ない。日本語から英語が浮 かぶ位にならないと実践では役に立たない。例えば、発音を覚えていなければ話すことだって出来ないし、大体でもスペルが分からなければ、書くことはもちろ ん、辞書さえ引けない。それに日本語もそうだが、単語は置かれる文脈によって複数の意味を持ったり、品詞によってスペル変化もする。今は本屋で良い教材がいくらでも手に入るし、CDも付いてるから、発音の確認だって出来てしまう。だが、そもそも、なんで日本人はなかなか英語がしゃべれ るようにならないのだろうか。日本の学校では中学校から英語を習い始め、少なくとも3年間義務教育で勉強をし、更に高校で3年間、しかも、ほぼ毎日授業が ある。なのに学校教育だけでしゃべれるようになる人がいない。一方、日本にいる外国人は結構短期間で日本語をマスターしているように見える。何でだと思 う?」媚薬
女「生活の中で使っていないと難しいからじゃないんですか?」
男「それも無いとは言えないね。だが、もっと大きな理由が他にある。」
女「何なんですか?」
男「実は、世界中の言語の中でも、日本語は特殊だと言われている。それは文法構造などの話ではなく、日本語の周波数帯域(パスバンド)が他のどの言語よりも低いからなんだ。日本語は125~1500Hz(ヘルツ)までの比較的低くて狭い周波数帯(パスバンド)にある。なのに、英語を初めとする欧米系の言語は、日本語より高く広い周波数帯域(パスバンド)を持つ。精力剤

タグ: , ,

Copyright © 2017 三体牛鞭 All rights reserved. Theme by Laptop Geek.