-

スーちゃんがいると癒されて、疲れが吹っ飛んじゃう

Posted by admin on 4月 25, 2011 in 媚薬

「映画『サラリーマン専科』を一緒にやって、今も撮影のことを思い出していた。あの笑顔しか思い出せない。スーちゃんがいると癒されて、疲れが吹っ飛んじゃう。人の心を和ませてくれる雰囲気を持ってる。打ち上げのときもキャンディーズのヒット曲を歌ってくれて、周りのスタッフを盛り上げた。そういうことを演出してくれる人。キャンディーズ時代は一ファンで、スーちゃんみたいな清純な女性は憧れの人でした」
「病気のことは全く知らなかった。去年の仕事のとき、腸が悪いといっていたんですが、とっても明るく、まさか病気とは思わなかったのでびっくりしています。ドラマ『忠臣蔵』で夫婦役をやったときも明るく振舞っていたし、初めて会った時もいい女優さんだなと思った。キャンディーズ時代も、とても元気な3人組の中でも結構明るい方だなと(思った)。まだ女優としてもこれからだと思うので惜しい。もっと一緒にお仕事をしたかった」「スーちゃんとは墨彩画を通じて、尊い濃密な時間を過ごせた。絵を心底好きになってくれて、撮影がない時は熱海の別荘で絵を描いていた。媚薬闘病の時に絵で癒されることがあったなら、スーちゃんとご縁があってよかったと思う。一生懸命耐えて全うされた人生だったねと言いたい」
「(22日の)朝方に(訃報を)聞いて呆然とした。何があったのかと、未だに信じられない。ここに来たらいろいろ思い出した。同じ時代を走り抜けてきた同士なので、ショックです。スーちゃんはどんな時でも笑顔でいらっしゃった。ごゆっくり休んでいただきたい」
「いずれ向こうで会えるから待っててくれと言った。僕と年が20年ぐらい違うから、残念すぎる。キャンディーズと番組に出られるだけで嬉しかった。スーちゃんは健康の象徴のイメージがあったけど、こんな病になってるとは思わなかった。解散して、女優として復帰した後、ドラマのロケ先で会った時、『とうとう26歳になっちゃった』と言われて、『とうとうなの?』とビックリした思い出があるけど、またもうすぐそんな話ができるかなと思った矢先だったよね。癒し系で私が励まされてたけど、逆に励まさないといけない立場だったのが悔やまれる」
「映画『サラリーマン専科』を一緒にやって、今も撮影のことを思い出していた。あの笑顔しか思い出せない。スーちゃんがいると癒されて、疲れが吹っ飛んじゃう。人の心を和ませてくれる雰囲気を持ってる。打ち上げのときもキャンディーズのヒット曲を歌ってくれて、周りのスタッフを盛り上げた。そういうことを演出してくれる人。キャンディーズ時代は一ファンで、スーちゃんみたいな清純な女性は憧れの人でした」
「ここへ来るまで亡くなったことを信じられなかったんですが、実感してきました。病気ということを周りに感じさせないで、暗い表情は一切みせなかった。いつも笑顔でニコニコしていました。私の事を、娘のようにかわいがってくれました」「病気のことは全く知らなかった。去年の仕事のとき、腸が悪いといっていたんですが、とっても明るく、まさか病気とは思わなかったのでびっくりしています。ドラマ『忠臣蔵』で夫婦役をやったときも明るく振舞っていたし、初めて会った時もいい女優さんだなと思った。キャンディーズ時代も、とても元気な3人組の中でも結構明るい方だなと(思った)。まだ女優としてもこれからだと思うので惜しい。もっと一緒にお仕事をしたかった」乳がんのため都内の病院で亡くなった人気アイドルグループ?キャンディーズの元メンバーで女優の田中好子さん(本名?小達好子 享年55)の通夜が24 日、東京?青山葬儀所で営まれ、田中さんと生前親交のあった著名人1600人とファン800人の計2400人が参列。NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』に主演し、同番組で田中さんと共演した国仲涼子(31)は、堪えていた涙を抑え切れず報道陣の前で号泣。4月に入って病気の事を知り、お見舞いにも顔を出したといい「本当にお世話になって、いろんなものをもらってばかりいた。私はなにもしてあげられなかった」と無念の涙を流した。精力剤

タグ: ,

 
-

ロドルフォはあたしを抱えると、ふわりと浮かび上がった

Posted by admin on 4月 22, 2011 in 威哥王

ロドルフォのローブを掴んで揺さぶるあたしに、彼は何を思ったのか。顔色は一つも変えずに頷いた。
「この辺りは領主の息子を幽閉するための場所。周りに人はいないだろうから、人の気配をたどって行こう」
「うん! あ、ヴィート氏はザンパータの群生地に行ったから……えっとたぶん山の西!」
ロドルフォはあたしを抱えると、ふわりと浮かび上がった。最初は当たり前の事のように受け入れてたけど、これってよく考えなくても驚天動地!
「ロッ、ロドッ、う、浮いてるよ?!」
「僕も一応魔女ですからね」
「いやいやいや!」
あたしのツッコミもなんのその、ロドルフォはあたしと一緒に空中浮遊で移動した。精力剤
慣れると意外に楽しいけど、なんだか不安。てゆうか、あたしってこの魔女と絶賛絶縁中じゃなかったっけ? てゆうか、あたしの目ってそのせいで見えなくなってたんじゃなかったっけ!?
今ではもう、山の俯瞰図が見えるし、雨粒だって、自分の手だって見える。
ロドルフォは、あたしの事を許してくれたんだろうか? ヴィート氏の言う通り、あたしの方が謝るべきなのに。
あたしが見上げると、ロドルフォはまるで全て分かっていますよと言わんばかりに先に答えた。
「まさかそんなに惨めになってるとは思わなかったからね」
元はと言えば、目が見えなくなる呪いっていうのはあたしがロドルフォの薬品をかぶってしまった事が原因。ロドルフォはすぐにそれを治す事も出来たけど、ケンカ後だったからしなかった。彼自身の呪いってわけじゃなかったから、恨みの結果ではなかったのだ。でも、あたしはひどい事を言ったはずなのに。
「……ごめんなさい」
「オルテンシア……君って子は」
「ああ! 人だわ! ヴィート氏かもっ!」
あたしの目は、人らしきものを捉えた。一瞬、木々の合間に人が見えたのだ。ああ、目が見える素晴らしさよ! って喜びの時間を作る暇もない。あたしはロドルフォにすぐさま人影の元へ降り立つよう頼んだ。何故かロドルフォは不満そうに眉を寄せていたけれど、空中浮遊を止めてくれた。
ロドルフォも忘れてあたしは音源のところへと駆け出した。あたしの声に人が居ると気づいたのだろう、まだ姿は見えないがヴィート氏が応じてくれる。
「誰かいるのか?」
「ヴィートさん! あたしです!」
木々を縫ってたどり着いたらそこには、崖の下に落ちた少年が居た。
「オルテンシア……?」
確かにあたしの名前を呼ぶ声。ヴィート氏の声。ここ数日で聞き慣れた、耳に心地よい声。
でも、待って、ちょっと待って。
「あなた、誰?」
「お前、目が……?」
「あ、はい。なんだかんだ見えるように。……って、え? まさか、ヴィート氏ですか?!」
だって、そんなの想像してなかった。ヴィート氏の声を持つあの人は、どう見たってまだ十代の子供!
顔は確かにごつくも整ってもない、でもシャープでどこか精悍で、かっこよく見える。肌は浅黒くはないけど真っ白ってほどでもない健康そうな色。でも、子供だ! どれだけ多く見積もってもまだ十代半ばくらいにしか見えない。
「ヴィート氏って……男……?」
珍しくロドルフォはひどく顔をしかめた。あたしはそれでもまだ確認したくて、呼びかける。
「ヴィートさん、なんですよね……?」
少年は顔を険しくして、うつむいた。何かにこらえるような声で、名のった。
「ああ、おれはヴィートだ」
……やっぱり。それじゃあ、あたしがずっと大人の男だと思いこんでいただけで、実際のヴィート氏はあたしより年下の男の子だったっていうの? あんなに責任感たっぷりなのに? あんなに料理上手なのに? あんなに成人男性を思わせる声をしているのに?(最後についてはもしかしたら意見が分かれるかもしれないけれど少なくともあたしにはそう聞こえた)
「あれ、てゆうかアレ、領主の息子じゃん」
さりげないロドルフォのつぶやきは、雨の音にかき消されはしなかった。あたしはロドルフォのいる右を見て、ヴィート氏のいる下を見て、疑うように少年を見下ろした。肯定もしないが否定しないという事は、そういう事だ。威哥王

タグ: ,

 
-

外でこどもたちが嬉しそうな声を出しているのを聞くと本当に煩い

Posted by admin on 4月 21, 2011 in 媚薬

小学生のとき大の仲良しだった幼なじみの美和子ちゃんは私の事すごく理解してくれた。親よりも私の心が分かってる。
本当だったら今は大学1年生。だけど未だに学校へ行けてない。ベッドの上で1人寝ているだけの生活。
外でこどもたちが嬉しそうな声を出しているのを聞くと本当に煩い。
「なんで私だけこんな目に合わなきゃいけないの…」って思っちゃう。

今日も美和子ちゃんはお見舞いに来てくれた。精力剤
いつも私の大好きなプリンを買ってきてくれるの。
毎日きてくれて、毎日美味しいおやつを持ってきてくれた。
美和子ちゃんの家はお金持ち。

あ 自己紹介遅れました。私の名前は優良(ゆうり)といいます。

ゆ「美和子ちゃん、いつもありがとう…」
み「いいのよ。ゆうりのこと分かってあげられるのはアタシしかいないんだから。」
美和子ちゃんはいつも笑って答えてた。
こんなに美人でいい人なのに彼氏がいない。ありえないと思った。
冗談で言ったんだけどね……。
私はあまり甘いものを食べ好きないようにって医師から注意されてる。
だけど守れなくてつい食べちゃうんだよね…
だけど、不思議で太らないの。ただ寝てるだけの生活なのに…

ママ「あーあ…また食べてる……。あんまり食べちゃいけないって分かってるでしょ??」
ゆ「分かってるけど…美和子ちゃんが作ってきてくれたんだもん。」
み「すみません…ゆうりには甘いものダメって分かってるのに、食べさせてやりたくなるんです………。」
美和子ちゃんは私が持ってるプリンを取り上げて箱に閉まった。
ゆ「あっ……。まだ食べてるのに…………」
み「もう持ってこないからね。ゆうりのためだから………」
美和子ちゃんは私の頭に手をのせてポンポン叩く。
まだ一緒に居たいのに、美和子ちゃんは私の部屋から出ていってしまった。
ゆ(わたし…生きてる意味ないよね……。なにもかも禁止で…生まれて来なきゃよかったのに………………。)
それからリスカをするようになった。
最初は痛かった。だけど慣れるうちに痛みも感じなくなった。
私は美和子ちゃんの言葉を無視した。
悪いコトだってのは分かってるんだけど……。

《あなたが作ったプリンがもう一度食べたい。》
言いたくても言えない言葉。言ったらママに怒られる。
美和子ちゃんにも迷惑かかるから。

み「どうかした……?」
私がうつむいてると美和子ちゃんは私の顔を覗きこんできた。

ゆ「あ…ううん。なんでもないよ。」

み「そう……。ねぇ、ご飯、ちゃんと食べよ?お母さん作ってくれてるんだから……」
美和子ちゃんはスプーンで食べ物を救い上げ、私の口元に近づけた。避妊薬

タグ: ,

 
-

今回の事件は解決出来ないと諦めて、お前の処に放り出した、ッて事か

Posted by admin on 4月 20, 2011 in 威哥王

二人は、その意味を考えた。他の部署に担当が委譲されたのか?何のために?
「それは、どういうことですか?」
小塚も、突然の方針変更に疑問を感じた。

「貴方方では、今回の事件は解決出来ない。そうトップが判断されたのです。そして、それは正しい。これは、貴方方の専門外の事件ですので」

男の言う意味の殆どは分からなかったが、要は???
「俺たちの頭は、今回の事件は解決出来ないと諦めて、お前の処に放り出した、ッて事か?」

山梨は、その疑惑にまた苛立ち始めた。が、その若者はキッパリと否定した。ハキハキとした口調が、何故か説得力を持たせているように思えた。
「違います。放り出したのではない。専門家に託した。そういう事です」

山梨は値踏みするような目を男に向ける。色々と考えを巡らせているのだろう。一方、小塚は一つだけ思った。
「なら、貴方は何の専門家なんですか?」
精力剤
男はフフッと小さく笑うと、二人の刑事に近付き、小声で言った。
「本当は秘密なんです。我々のためにも、警察のためにも。でも、熱血ドラマのように熱い想いを持った貴方方のような刑事さんになら、特別に教えましょう」
男は目配せで、耳を貸せ、と指示した。二人は多少胡散臭さを感じつつ、素直に従うことにした。男はそれを確認すると呟いた。
警察から仕事を預かり、篠原龍護(しのはらりょうご)は帰路につく。
彼の帰る所は、建ち並ぶ摩天楼の一つの地下にあった。
その高層ビルは、商業目的に建設され、現在も二階より上のフロアには様々な企業がテナントとして入っている。一階はエントランス。地下一階から下は、存在しないことになっている。

地下にあるのは、決して表に出ない裏の世界。

ビルの表の面に存在する者達は、誰一人としてその高層ビルの真の意味を知らない。
その高層ビルは、単に地下にある魔術結社の隠れ蓑に過ぎず、それ以上の価値はないのだ。
大手企業数社もテナントにおり、都市の商業の一端を担う、影響力の大きい存在に成長しようとも、裏の世界への入口を巧妙に隠せているか、考慮されるのはその一点だけであり、他は所詮その副産物のようなものである。

裏の世界の住人の認識は大凡(おおよそ)それに近いものだ。

表の面に無関心であるようにも思えるのは、その重要度の問題からだろう。

仮に、都市の商業活動の拠点たる摩天楼の群れが破壊されたとして、ダメージを受けるのは、市民の生活につながることに変わりないが、主に市場だ。
勿論、市場は荒れるだろうが立ち直れない程の致命傷を負うワケではない。

一方、地下の裏世界の一端が暴かれた時、世界は大きな衝撃を受け、文化を根底から震撼させられることになる。
この高層ビルの地下に存在するのは魔術結社だ。魔法を操り、時に魔獣さえ狩る者たちの集団。
それは、主に非科学分野の荒事を引き受けるために存在している、政府の要人もその一握りにしか知らされないトップシークレット。
魔法は、使い方次第で武力になり得る。
それに、彼らは専ら武力として魔法を用いている。早漏防止薬

タグ: ,

 
-

歯が何本もつながってごっそり根元からとれるのです

Posted by admin on 4月 19, 2011 in 威哥王

歯が何本もつながってごっそり根元からとれるのです。 こわくて戻すのですが、くっつかなくて。 思い出してもぞっとします。 夕べも見ました。 左上の歯がまとめてごっそりと。 今回は初めてですが、顔の左に吹き出物が2つできています。(最近吹き出物はあまりできません) それと、口内炎も左の唇にできています。 何か健康上問題があってこういう夢を見るのでしょうか。 それと昔は、コンタクトレンズの夢を何度も見ました。 リビングの照明器具くらいの大きなコンタクトが出てきて、絶対無理なのに目に入れようとしている夢です。 今では見ることはないですが。 離婚理由は夫の暴力、浮気ギャンブル、借金でした。 借金のため貯金が出来ず、 わずかな現金だけもらって離婚しました。 深い事情があり、その年まで離婚出来ませんでした。 離婚してからも苦労しました。 食べていくために水商売、 清掃スタッフなどを兼業し、必死で生きました。 今はヘルパーと工場で働いています。 花痴手取り15万ほど、これが精一杯です。 離婚後不眠が続き、精神科に通いましたが、最近、 アスペルガーと診断されました。 ショックでした。 もう、普通の人生は送れない。 普通に、結婚して、子供を持って、平凡な普通の人生を送りたかったのに。 小さい頃から変わり者といじめられ、親や先生から普通になれ!と言われて来たので、 普通にならねば、という 強迫観念が強いんです。 社会人になってから、結婚してからも、必死で普通になろうと頑張りました。 でも、無理でした。 普通の人生から転落して、 今は社会から完全にハミ出しています。 今、私を苦しめるのは、 普通の老後、というキーワードです。 普通に老後を送るには、 最低3050万必要と聞きました。 でも私にはそんな大金、どう頑張っても貯めれません。 食べて行くだけで精一杯だから。 これで将来は真っ暗。何の希望もありません。 自分は社会の落ちこぼれ、カスみたいに思えます。 今は絵を描くことだけが支えです。 小さい時から絵だけが取り柄でした。 普通じゃない自分が苦しい。 どこに行っても集団になじめず、変人扱いされる自分。 そんな私は野垂れ死にするんでしょうね。。 どうすれば楽になれるのか。 普通という呪縛から抜けられるのか お聞かせ下さい。 普通の人生を送らなかった方のお話も頂ければ嬉しいです。 こんな私でも、まだ希望はあるでしょうか。威哥王

タグ: ,

 
-

ずっと痛みが続く中で瞬の意識はなくなる寸前だった

Posted by admin on 4月 18, 2011 in 威哥王

すると今までどこに隠れていたのかホールを埋め尽くしそうなほどの武装した集団が現れ、中心で痙攣している瞬に向かって銃を向ける。 所長はそれを確認すると天井のステンドグラスに向かって一言だけ聞いた事のないような言葉を発する。 それに合わせてステンドグラスから降り注ぐ光の円が徐々に狭まっていき、瞬のいる場所を段々と狭めていく。 瞬の足が光に触れた途端、電撃のような痛みが走るが自由にならない体では足を離す事もできず、ずっと痛みが続く中で瞬の意識はなくなる寸前だった。 しかし、瞬は意識が飛びかける寸前で盾の呪文を頭の中で唱えた。 展開された盾がステンドグラスからの光を完全に遮断し、周りにいる者達から瞬を完全に手が出せないように隔離する。 傍目には急にステンドグラスからの光が弾かれるように見えるだけだが、それを見た所長は近くの者に試しに撃たせてみると弾は瞬の体に届くことなくあらぬ方向へと弾かれる。  精力剤「ほう、これが最強と評される『イージスの盾』ですか。ここでは並ぶ者がいない、私の魔法でさえこの扱いとは。だが、今更出した所でもう毒は消えないでしょう」 所長の言うとおりいまだに瞬の体の痺れや痛みが治まらない。 いやそれどころかより一層ひどくなっていくばかりで苦痛に顔がゆがみ、大粒の汗が床で水溜りが出来るほど出続ける。  「ぐううぅぅ!も、も、うだめ、???か」 もうこれ以上痛みに耐え続けているのが限界だと感じた瞬は、意識を保つ事をやめようとする。 瞬の目の前が暗くなっていく。 走馬灯なのだろうか、完全に暗闇とかした視界の中に姫の姿が映し出される。  『馬鹿者!この程度で敗れるようとしているとは情けない!』 そんなに知っているわけではない、会ってから1日立ったかそうでないかといった位でしかない。 だが、瞬の人生を変えた彼女の叱咤はズッシリと瞬の心に響き、彼女のお願いを思い出す。 幻なのかそれとも記憶が作り出した彼女なのかは分からないが、瞬の心を奮い立たせるには十分であり、意識がはっきりすると目を見開く。  「ほう、まだ意識がありますか。でも、頑張るだけ無駄」  「だ、黙ってください!僕は姫の???お願いを叶えなければならないんだ!」 すると、瞬の床につけられた右手に力が込められ、同様に左手も床に向けて力が込められる。 いまだに痺れはなくならないがゆっくりと痛みに耐えて上体を起こし、足を引きずるようにして引っ張るとその場に尻をつけて座る。 誰も立っていないのを確認した瞬はAS12を床へ落とし、その場に腰をつけながら荒々しく呼吸し痛みと痺れが治まるのを待つ。 その様子を黒煙が室内を満たしたと同時に、ただ一人柱の陰に隠れていた所長がうかがっていた。  「っち!あの毒でもまだ動ける上に魔法まで使えるとは信じられん。だが、奴が盾を解きさえすれば私でも仕留められる」 そう言いながら所長は手元にさっき使った毒が滴るほど塗られた矢を専用の銃にセットすると、気の緩む瞬間を待ってジッとその場で待つ。 すると、瞬の周りを流れていた黒煙が今までは瞬の体にまで届いていなかったのが、瞬の体にまとわりついていくのに気づき、盾を展開していない事に気づく。 できるだけ音をたてず、瞬を狙って心臓の鼓動が普段より大きく聞こえながらゆっくりと銃を構え、後は引き金を引くだけとなった。 あのまま死んでいればよかったと後悔させてやる、と所長は殺意の念を込めて引き金を引いた。 狙い通りに飛んでいった矢は背中を向けている瞬へと一直線に飛んでいく。 所長も当たる事を確信したが、当たる寸前で後ろを向きながら盾が発動し、矢は空しく下へと弾かれた。中絶薬

タグ: ,

 
-

ずっと彼のことを考えて、でも許せない自分が嫌で、という悪循環の中にずっといたのです

Posted by admin on 4月 16, 2011 in 威哥王

くそーと思って、でも辛くって、そんなふうに彼を罵っている自分も嫌で、なんとか彼を許さなきゃと思う自分がいたりして。その辛さはしばらく続き、頭に円形ハゲができるほどでした。  どうしたらいいんだろう。だって顔変えられないし。  その頃は自分の顔が嫌いになって、鏡を見られませんでした。  でもそうやってずっと彼のことを考えていて、ある時ふと思ったのです。 「そうだ、無理して許さなくていいんだ」と。  私は彼を一生懸命許そうとして、ずっと彼のことを考えて、でも許せない自分が嫌で、という悪循環の中にずっといたのです。  花痴でも、そんなこと無理だ、と思った時、その循環の中からようやく抜け出すことができたのです。  彼のことを考え始めて思考が悪い方向に行きそうな時、こう思うようにしました。 「私は彼を許さなくていい。そうよ、今度会ったらえいって刺し殺そうっと」  本当に刺し殺したら大変ですが、心で思うのは自由です。なるべく軽く明るく思うようにします。  そうしていたら、だんだん彼を恨む気持ちもなくなって、円形ハゲも治っていきました。 家の前が公園で、近所に住む子供たちがたくさんいて、みんなで草むらで虫をとったり、木に登ったりして遊んでいました。  ある時四つ葉のクローバーをみんなで探しました。なかなか見つかりません。ほとんど3枚の葉っぱの中に、本当に4枚のなんてあるの?という感じです。でもあるらしい。と探して、その日はやっと1つだけ見つかりました。  私は不思議に思って、その頃私たちの中で一番年上で、みんなのお姉ちゃん的存在の小学校6年生の子に尋ねました。その時私は小学校1年生。6年生のその子はとても大人で、何でも知っているように見えました。 「どうして3枚の葉っぱが4枚になるの?」  その子はしばらく考えて、こう言いました。 「まだ3枚のが小さい時に、みんなが踏んで葉っぱが分かれて、それが4枚になって大きくなったんよ」 みんな「なるほど」と思いました。 「じゃあ、いっぱい四つ葉になるように、みんなで踏もう」 その日はぎゅっぎゅっとそこらへんのクローバーをみんなで踏みしめて帰りました。  それから何度か四つ葉を探しましたが、やっぱりなかなか見つかりません。他の子たちはだんだん飽きて探さなくなっていましたが、私はそれから小学校高学年になっても探し続け、見つけると押し花にして、私の四つ葉コレクションは200枚を超えました。 クローバーは年中生えている多年草ですが、一年のうちのある時だけ、やたら四つ葉が見つかる時期がある、と。それは5月。そしてその葉の特徴も、クローバーの葉っぱにいわゆる絵に描かれたような、白い線が入っている種類のものが多いのです。  これはどういうことなんだろう。大学の遺伝子の勉強と、四つ葉のクローバーが結びつきました。  クローバーの中には、葉っぱを3枚にする遺伝子と、4枚にする遺伝子がある。普段は3枚にする遺伝子が働いて出てくるけど、春先、5月頃には4枚にする遺伝子が多く働くんじゃないか。  遺伝子を働かせる要因は、冬から春にかけての気温の上昇か、紫外線の強さか、またはその両方か。  これは植物学的にちゃんと実験をして、データをとれば、論文が書けるんじゃないか、と。威哥王

タグ: ,

 
-

見た目もさる事ながら、これが中々美味い

Posted by admin on 4月 14, 2011 in 精力剤

弁当箱を開けると、なぜか美味しそうなものを真っ先に僕の弁当箱へ入れてくれる。
出来合物では無い、手作りと思われる凝った小さなハンバーグ。
妙に手の込んだミニグラタン。
見た目もさる事ながら、これが中々美味い。

「ちぇー、なんでいつも仲原だけなんだよー」
毎度の如く文句を言ってるのは田中だ。
威哥王
「いいじゃん、数少ないんだから。全員食えないのは仕方ないだろっ」
僕はちょっぴり勝ち誇ったように応酬する。
やはり、みんなこの件に関してはとても気になるらしい。
食い物の恨みは恐ろしいから、ぼちぼちみんなにも分けてあげられるように
紺野君にお願いしてみる。
「いつもくれるのは嬉しいんだけど、
たまにはみんなにも分けてあげてくれないかな?」
彼は躊躇する事無くニコニコと答える。
「僕はみんなにも食べてほしいとは思うけど、いつも見てるとみんな
仲原君のおかずを取っちゃうから、僕があげるのはしごく当然な事
だと思うよ。」
そう言われればそうだ。
みんなその事には意義無しという感じだった。
三年の生徒会の面々だ。
僕達は形式ばかりの挨拶をすると、各々の好きな飲み物を買い
ベンチへと腰掛ける。

すると、上級生と思われる連中の一人がこちらに向かって歩いて来た。

「休憩中済まない、君が一年生の紺野君だよね?」

このイケメン生徒は???
そうだ、入学式で歓迎の挨拶をした生徒会長だ。
彼は紺野君の前に立つと、180センチは有るであろう体を
前かがみにしつつ、紺野君の顔を覗きこむ。

「あ、はい。そうですけど???」
紺野君が困ったような顔をする。

「僕は三年の生徒会長をしてる小泉です。お会い出来て光栄です。
君の噂は聞いてるよ。」

なぜか握手を求めている。

突然の事でびっくりしたのか、紺野君は差し出された方とは逆の腕を差し出す。
「あ、ごめんなさい。紺野です。宜しく。」

「また改めて逢う機会があると思うから、その時は宜しく。」
小泉は両手で紺野君の手を握り、軽く会釈をすると席へと戻って行った。

なんなんだあの人は???

紺野君の顔を見ると、流石に面食らったのか苦笑いをしている。精力剤

タグ: ,

 
-

弾の突き出した後頭部からは血に混じって何かどろどろとした固形物も流れ出している

Posted by admin on 4月 13, 2011 in 威哥王

今まであれ程情けなく喚いていた男は漸く静かになった。弾の突き出した後頭部からは血に混じって何かどろどろとした固形物も流れ出している。そんな人間だった物(??????)は外から射し込む淡い月光に照らし出されて、頭部から垂れ流される血液、体液もきらきらと輝いている。  実に汚らしい。  仕事を終えた鴉は再び懐に拳銃を仕舞った。  早々に立ち去ろうと扉の方を振り返る。  すると、扉がきいと開いた。  ……誰だ。  鬼魅(きみ)の悪い笑い声が聞こえてくる。耳障りで不快な声だ。 「へへ、へへへへ……。何か……楽しそうな音が聞こえたぞぉ」  部屋に入って来たのは屍鬼(ゾンビ)のような男。細身ながら高い背、だらしなく肌蹴(はだけ)た開襟シャツ、胸元に覗く角の生えた悪魔の刺青(タトゥー)。媚薬 そして死人のような灰色がかった肌、だらだらと涎(よだれ)を垂らす半開きの口、焦点の合わないぎょろりとした目。  間違いなく薬物中毒者だ。  この男も用心棒なのだろうか。そうだとしたら残念な事だが雇い主は死んだ、この薬中男に報酬を払う物は誰もいない。  男はへらへらと笑いながらねっとりと纏わり付くような視線を鴉に向けている。 「オレも混ぜてくれよぅ……」  男の右手がすうと動く。  どん、と地味な破裂音と共に鴉の腹部に強い衝撃と鋭い痛みが走った。鴉はぐうと呻き声を洩らして躰をくの字に折り曲げる。 机越しに不快な声が聞こえてくる。 「裏社会じゃあ有名だぜぇ、凄腕の殺し屋なんだってなあ……」  また鈍い銃声が響く。男は鴉が隠れている机に向かって発砲した。 「確か名前も齢も出身地も何もかも不明だったか。任務成功率は百パーセント、失敗はねぇ。アンタはオレ達の間じゃあアイドルさ」  気持ち悪い笑い声と共に男はこちらに向かって銃撃を繰り返す。机の上に突っ伏している死体に命中したらしく、反動でその足がぴくりと動く。 「アンタにゃあ懸賞金も出てるんだぜ、知ってるだろぉ?それだけじゃねぇ、アンタを殺せばオレにも拍(ハク)が付くってもんよぉ……ひゃははははは」  甲高い笑い声が腹の傷にじわりと響く。  ……くそ、あのシャブ中野郎め。  ……どうする。  ……顔を見られたぞ。  ……生かしておく訳にはいかないな。  薬中男は拳銃を構えたまま、じりじりと鴉の隠れる机へとにじり寄って来る。  ……拙い。  鴉は懐から拳銃を探り出す。弾は未だ十分にある。  しかしこの腹の傷だ。長期戦は出来そうもない。薬中男の隙を衝いてこの机の裏から脱出し、一発で始末しなければならない。  だがもし失敗すれば……  ……始末されるのは自分だ。 「オラ、出て来いよ。鴉ちゃんよぉ」  薬中男は鴉を挑発し炙り出そうとする。  腹から流れ出す血は止まらない。  ……ちょっとした賭けだな。  ……そろそろ、勝負に出るか。精力剤

タグ: ,

 
-

亮介は黒板から視線を外さずに呟くような声尋ねた

Posted by admin on 4月 12, 2011 in 威哥王

ぽかぽか陽気が差し込む窓際の席で、二人は並んで座っている。 また臨床美術の退屈な授業の最中、亮介は黒板から視線を外さずに呟くような声尋ねた。 「???別に。私が好きなのは本だよ。」 「ふ~ん。」 紫真の素っ気無い答えにも、なんとも感じないのか亮介も気のない返事をした。 「ねぇ、今度の日曜。動物園に行くんだけど、紫真も行かない?」 紫真は、日曜???と考える。 考えたところで、もちろん彼女に予定はない。 威哥王あると言えば、読みかけの本が家で待っているくらいだ。 20年以上前に書かれた、古びた洋書。 もちろん、和訳済みの確かあれはファンタジーで、まだ物語の確信には触れていないだったはずだ。 その本は、いつまでも待っているだろう、そう、逃げる訳はないのだ。 そこから紫真と亮介の距離が縮まるのに、さほど時間は要しなかった。 紫真は、あまり自分からご飯の誘いをしたり、声を掛けたりするのは得意ではないが、亮介は苦手な方ではない。 亮介も、あまり友達が多いタイプではないのだが、誰彼構わず話しかけたり、他人に対してオープンでもなかった。 ただ、友達が0の紫真とは違って、必要最低限の交友関係は持っていた。 そして自分が興味を持った人には、自分なりにアプローチをしていくので、紫真とも話が合ったのかもしれない。 でも、亮介の一方的なアプローチのみで、紫真が簡単に人と仲良くなれるのなら、きっと誰も苦労はしなかっただろう。 二人の距離が一気に縮まったのは、ある事件がキッカケだった。 場所で日が暮れるまで待っていた。 彼女はそれでも傷つかなかった。 子供ながらに、しょうがないと思うことになれていた。 その後も、クラスメイトもそれと同じくらい、もしくはそれ以上の悪戯をすることはなかった。 その理由は、もちろん誰にも分からない。 「ああ、良かった。じゃぁ、11時くらいに紫真の家まで迎えに行くから、支度して待ってて。」 待ち合わせ場所を指定しなかったのは偶然だろうが、紫真にとって良かったに違いない。 昔の嫌な気持ちを思い出すこともなかったのだから。 その夜から、彼女はなかなか寝付けなかった。 こんなに目が爛々としているのが、不思議でしょうがなかった。媚薬

タグ: ,

Copyright © 2017 三体牛鞭 All rights reserved. Theme by Laptop Geek.