-

凍てつくような視線を見つめ返し、ダダリアは身を起こすとノアを真っ直ぐに見やった

Posted by admin on 1月 27, 2011 in RU486

このやり取りを心の底から楽しんでいるよう。
自分ばかりが冷静さを失うばかりで、どうやってもダダリアの化けの皮を剥がすことは叶わない。
ノアはダダリアに気付かれないほど小さく息を吐くと、核心に触れた。
早漏防止
「陛下に何をした?体型だけじゃない。何故陛下はお前の愚行を甘んじてその身に受けていらっしゃるのだ?催眠術か?」

鋭く光った瞳はダダリアの全てを見逃すまいとする。
凍てつくような視線を見つめ返し、ダダリアは身を起こすとノアを真っ直ぐに見やった。
何を考えているのか読めない表情には先ほどまでの笑みはない。
ただ追い込まれて色もない、という訳ではなく、全ての興味を失ってしまったかのような冷めているのだ。
押し倒すというフレーズに目が飛び出さんばかりのアンディーに向かってダダリアはねっ、そうでしょ?っとばかりにウインクをした。
それは爛漫と咲き誇る華が乱れ散るよう様になって見える。
確かに催眠術などいらないと豪語するだけはある。
その絶対的な美しさの前にアンディーは弾かれたようにぶんぶんと頭を振る。
自分の思い通りに事が進んで満足だとばかりに頷くと、ダダリアはノアの方を意味ありげに一瞥した。
そして指でくいくいとアンディーを招く。
ダダリアは歌うようにそう言うと近付いてきたアンディーの腕を自分の方に引き寄せた。
ノアは弾かれたように身を乗り出して、離せと叫んだがすでに遅い。
アンディーは女王蜘蛛の糸に手足を取られた哀れな羽虫のよう。
魅せられたようにされるがまま、高い身長を折ってダダリアの方に身を屈ませる。
そのアンディーの頬に手をやると、ダダリアは先ほどノアにしたようにぐいっと顔を近づけた。

「おいっ!」

「貴方、本当は若い女の子は好きじゃないんでしょ?」

ノアが咎めるのとダダリアがそう呟いたのは同時だった。

「はいっ?」

ノアは思わずずっこけそうになった。
先までの緊張感が嘘のよう。
場違いな言葉に耳を疑う。

「な、何を言ってるんだ?」

だが、ノアの言葉に誰も答えない。
その代わりとばかりにアンディーは急速に顔色を変えていく。
冷や汗を浮かべ、うろたえだすアンディーとは対照的に、ダダリアは心底楽しそうに微笑んだ。
ずっと心の秘めていた秘密を暴露され、アンディーは恥ずかしさよりも恐怖に震えていた。
ずっと隠してきた自分の性癖がこんなところでばれてしまうとは。
ひっと喉を引きつらせたアンディーにダダリアは優しく微笑んだ。中絶薬

 
-

舌と舌とが軽く触れ合った後、翔は綾の口腔を弄った

Posted by admin on 1月 25, 2011 in RU486

綾の肩に回していた腕を引き寄せた。翔の肩にうつむいて彼女は寄りかかってきたところをすかさず唇を重ねた。
「うっ」
少し顎を引いて驚いたようだが、翔が舌を出すと綾は素直に薄いピンクルージュをひいた唇を開いた。舌と舌とが軽く触れ合った後、翔は綾の口腔を弄った。同時に右手をスカートから離して薄っすらと盛り上がった胸へと運んだ。
「ああっ、うっ……」中絶薬
息を少し荒げながら、綾は胸を掴まれている翔の手に両手を被せてきた。
手のひらにすっぽり収まってしまいそうな綾の乳房は、今までに触ったことがないほどの張りがあった。
「かわいいよ、綾ちゃん」
唇を離して翔が言う。
綾は目を閉じてうつむいている。
「あの、お風呂、入りませんか?」
消え入りそうな声で綾が言った。
「お風呂は後にしよう」
「えっ、でも、汗、かいてますし。あんっ」
「力を抜いて、楽にして」
翔は言うと胸元から腰ベルトまであるワンピースの前ボタンをゆっくりと一つ一つ丁寧にはずしていった。
綾は静かに両手を真横に下ろした。
その反応を確かめて、翔は綾の腰に巻かれた白いベルトをはずしにかかる。ベルトを床に置きワンピースの前を広げると、白い光沢のあるキャミソールが現れた。しばらくの間その神秘的な後光さえ見えてきそうな女体を呆然と見ていた。
「あんっ、恥ずかしい……」
綾は翔の熱い視線を感じたのか、頬を赤らめて顔をそむけてしまった。
翔は恐る恐る両手を差し伸べ、キャミソールの上から乳房に触れた。空気がぱんぱんに入ったゴムボールのような弾力。たまらずキャミソールをめくり上げていた。ワンピースを着たまま、キャミソールを首までたくし上げられた綾は深呼吸を繰り返すだけでされるがままになっていた。透き通るような白い肌と白いフリルのついた可愛らしいブラジャーが現れると翔はまた見とれた。
「綺麗だ」
胸元を開いてじっと眺める翔に、綾は頬を赤くしたまま首を振った。もう全身の力が抜けたように彼女はソファーの背に寄りかかって瞳を閉じて深呼吸を繰り返していた。
翔は白いレースのブラジャーの上に静かに両手を乗せ、丁寧に揉みだした。途中ちょっと力を込めると、綾はそれに反応して小さな吐息を漏らした。
たまらずブラジャーを上へとずらして乳房を露にした。
「あんっ……、恥ずかしいです……」
瞳を閉じたまま綾は頬をピンクに染めて顔を振る。
綺麗な薄いピンク色をした乳首は小豆ほどの大きさでピンと上を向いて起ち、百円玉ほどの乳輪もまだ綺麗なサーモンピンクをしていた。小ぶりながらも乳房は綺麗なお椀型をしていた。
「うわぁ、すげぇ」
翔が初めて目にするピンクの乳首。これほど鮮やかな色を見たことがなかった。
「恥ずかしいです。あまり見つめないでください……」
両腕を腰の前で交差させ、綾は胸を隠そうか迷っているらしかった。
その両手を横へ押しやり、翔は綾の乳房の中間に顔を近づけた。
両乳房の下に両手をあてて持ち上げると押し戻そうとする強い弾力を感じた。舌を出してまっすぐ翔を向いているピンク色の乳首に触れさせた。早漏防止

 
0

感覚が体全体を駆け抜け、反射的に声が漏れた

Posted by admin on 1月 20, 2011 in RU486

痺れるような感覚が体全体を駆け抜け、反射的に声が漏れた。くすくすと女が笑う声が耳元に聞こえる。
そして電車は減速し、駅へと着いた、その瞬間。精力剤
「え……っ?」
セーラー服が、めくり上げられた。左右から伸びた手によって、真弓の喉元まで高く。そして、豊かな白い胸がむき出しになって、窓の外に晒される。窓の向こうの客たちは、こちら

へ気づくと指を差して騒ぎ立てたり、見ないふりをして駆け去ったりしていた。真弓には、それがテレビの中の出来事のように感じられた。
裸の胸が晒されたのはほんの一瞬だった。しかし、真弓にはとてつもなく長い時間に感じられた。家族にすら見せたことのない自分の豊満な胸。それを、見知らぬ他人が行き交う場所

で晒された。その衝撃が、真弓の心を打ち砕いた。
呆然とする真弓のブラジャーを、女は優しく着けさせた。そして乱れたセーラー服を丁寧に整えた。

真弓は、電車に乗っていた。いつもと同じように、入り口の側の手すりに手をかけて。彼女が乗るころには、電車はすっかり混雑している。彼女は入り口から動けず、手すりに身を寄

せて毎朝立ち続けている。
(あと、6駅……)
真弓の通う学校は、さほど遠くはない。電車で7駅。時間にして、15分ほどだ。だが、その時間が彼女はあまり好きでなかった。
(痴漢…今日も出るのかな)
毎朝満員になるこの路線は、痴漢が多いことで有名だった。彼女自身は被害に遭ったことが無いが、同じ路線に乗る友人は、一度被害に遭ったときに、ショックを受けて学校を休んで

しまった。
つい先日は、彼女の隣に立っていたOL風の若い女性が、羞恥に頬を染めて身をよじらせていた。時折鼻に抜ける甘い声を漏らし、目を潤ませていたその女性は、降りる駅に着くと逃げ

るように下車して行った。おそらく痴漢に遭っていたのだろう。だが、彼女のその様子は喜んでいるようにすら見え、周囲の乗客……ことに卑猥な中年サラリーマンは、その光景を愉悦

に浸りながら眺めていたようだった。
自分はあんな目に遭いたくない。そう思うのと同時に、真弓は微かにうなだれた。
(確かに、私はスタイル良くないけど……)
心の中で呟き、真弓は自分の体を見下ろす。ふっくらとした胸がセーラー服の胸元を持ち上げている。太ってはいないものの、痩せてもいない自分の体は、魅力に乏しいだろうと思う

。足は、よく歩くせいか少し太い。肩も決して細くはない。お腹だって、少し出てるし…。ウェストもくびれていない。おしりも大きい。
思わず声があがった。驚いたような声。下半身の痺れに同調するように、乳首が撫で上げられた。背後にいる男性の手と、隣にいる女性の手によって。
おしりのあたりに、熱く硬いものを感じる。耳元では、興奮しきった荒い吐息。目の前の男性が股間をまさぐる手は、不意にショーツを下ろした。抵抗する暇など無かった。
「濡れちゃってる……」
膣へと指を持っていきながら、座席に座っている男性が言った。笑みを含んだ声音で、いかにも楽しそうに。
「あら、ほんと? とんだ淫乱さんね、こんなところで感じちゃうなんて……」
女性も楽しげに囁きで答える。
男性の指は膣へと押し込まれそうになった。そのとき、真弓は始めて恐怖を感じた。中絶薬

 
-

まくるたび頭のてっぺんまで激しい電気が突き抜けて叫び声を発しての

Posted by admin on 1月 18, 2011 in RU486

ベッドに裸のまま入ると彼は私の上にかぶさり、ヌルヌルのマ○コをい じるとすぐにオチ~チンをあてがいズズズッ! と入って来ました。 はあ~ん! きもちいいー! あまりの快感に勝手に言葉が口から飛び 出しました。威哥王オチ~チンがマ~コの奥深くをズシッ、ズシッ! と突き まくるたび頭のてっぺんまで激しい電気が突き抜けて叫び声を発しての け反ってしまう私。なんて激しいのかしら! 彼もウッ、アーとうめき声を出して夢中で動いているので相当気持ち良 いんだなと思いました。小さな快感の波が何度もやってきて、それがだ んだん大きな波に変わって行きました。彼も私もその快感に夢中で何も 考えられなくなってひたすらエッチを続けました。 私はもうダメ! おかしい! 彼はダメだ! 出すぞ! 2人でこれ以 上ないほど激しくベッドをきしませ最後の瞬間にむかってまっしぐら。 そして津波のような大きな波が砕け散りました。アアーーーーーっ! 車に乗り込むと目的地に向かって発信! 高速道路をヨロヨロと蛇行運 転しなが進みました。彼は愛車のハンドルを握ってご機嫌です。 ミニ バンと彼のほうが仲良くしている感じでムッとした私はねえ、そう良い ながらミニのスカートをまくり上げてパンティーをチラッと見せました 。ゴクッと生唾を飲み込んだ彼はその太モモに手を伸ばしてきました。 はあ~ん! 彼の指がクリトリスをクリッ、クリッ! といじり始める と快感がじわっとやってきて自然とマタを開いてしまいました。右手は ハンドル、左手はクリトリスをいじりながら高速道路を走り1時間。も う私のパンティーはグチョグチョです! ああんもう我慢できない! まだ? すると彼は高速降りるぞとと言い ました。ナビの音声が目的地近くとしゃべってます。あそこだわ! そ のままモーテルに吸い込まれるようにピットイン。 部屋の中に入るとちょっと思ってたより狭いけど金額を考えるとまあま あの部屋でした。いつも思うんだけど室内写真ってよく見えるようにう まく撮るわね。 すると彼が出ちゃう! って言い出しました。私が動きを止めると彼は そんな動かれたら5分持たないといい必死で耐えてます。もっとこの気 持ちいいオチ○チンを味わいたい私はねえ大丈夫になったら言ってと動 きを止めて待ちました。時々マ○コをギュッ! と絞めてオチ○チンを 強く握りしめるとウッ! とうめく彼。 そんないやらしい事を何回も続けてたっぷり1時間オチ○チンを味わっ ているうち、私もすごい感じてきてしまい我慢が限界になってきました 。ねえ、私もうダメよ! 彼もウーッンーッダメだあー! と言いだし ました。私は腰が壊れてしまうほど激しく動かして信じられないほどの 大きな波がやって来るのを待ちました。 アアーーーーーッ!!!! 気が付くと私は彼の胸の上で口からヨ ダレを垂らしてました。彼の顔を見ると目をつぶり大きな口を開いたま まです。ハーハー呼吸が苦しくて酸欠で頭がボーッとしている私。もう だめ~~ 激しい快感が引いて行きやっと動けるようになった私は腰を持ち上げて オチ○チンを体から出しました。彼と私のマタはヌルヌルで汚れまくっ ていました。あーんすごかったわ! おかしくなっちゃった! 彼もやりすぎだよ! 腰が抜けた!! そう言いました。私も腰に 力が入らず起きあがれません。そんなになるほど気持ちよかったんです 。性欲を限界まで吐き出して満足してスヤスヤと寝込んでしまいました 。 ねえ帰ろうよ。下腹部にオチ○チンが入ったままの感触と快感が残って ましたがモーテルを出るとUターンして高速道路を蛇行運転しながら家 に戻りました。 途中ミニスカの中にまた指を入れてくる彼。私は喜んでマタを開きクリ トリスをいっぱいいじられました。もうパンティーの中はグチョグチョ 。だって気持ちいいんだもん。これだからエッチやめられないのよ! ベッドに裸のまま入ると彼は私の上にかぶさり、ヌルヌルのマ○コをい じるとすぐにオチ~チンをあてがいズズズッ! と入って来ました。 はあ~ん! きもちいいー! あまりの快感に勝手に言葉が口から飛び 出しました。オチ~チンがマ~コの奥深くをズシッ、ズシッ! と突き まくるたび頭のてっぺんまで激しい電気が突き抜けて叫び声を発しての け反ってしまう私。なんて激しいのかしら! 彼もウッ、アーとうめき声を出して夢中で動いているので相当気持ち良 いんだなと思いました。小さな快感の波が何度もやってきて、それがだ んだん大きな波に変わって行きました。彼も私もその快感に夢中で何も 考えられなくなってひたすらエッチを続けました。 私はもうダメ! おかしい! 彼はダメだ! 出すぞ! 2人でこれ以 上ないほど激しくベッドをきしませ最後の瞬間にむかってまっしぐら。 そして津波のような大きな波が砕け散りました。アアーーーーーっ! 車に乗り込むと目的地に向かって発信! 高速道路をヨロヨロと蛇行運 転しなが進みました。彼は愛車のハンドルを握ってご機嫌です。 ミニ バンと彼のほうが仲良くしている感じでムッとした私はねえ、そう良い ながらミニのスカートをまくり上げてパンティーをチラッと見せました 。ゴクッと生唾を飲み込んだ彼はその太モモに手を伸ばしてきました。 はあ~ん! 彼の指がクリトリスをクリッ、クリッ! といじり始める と快感がじわっとやってきて自然とマタを開いてしまいました。右手は ハンドル、左手はクリトリスをいじりながら高速道路を走り1時間。も う私のパンティーはグチョグチョです! ああんもう我慢できない! まだ? すると彼は高速降りるぞとと言い ました。ナビの音声が目的地近くとしゃべってます。あそこだわ! そ のままモーテルに吸い込まれるようにピットイン。 部屋の中に入るとちょっと思ってたより狭いけど金額を考えるとまあま あの部屋でした。いつも思うんだけど室内写真ってよく見えるようにう まく撮るわね。 すると彼が出ちゃう! って言い出しました。私が動きを止めると彼は そんな動かれたら5分持たないといい必死で耐えてます。もっとこの気 持ちいいオチ○チンを味わいたい私はねえ大丈夫になったら言ってと動 きを止めて待ちました。時々マ○コをギュッ! と絞めてオチ○チンを 強く握りしめるとウッ! とうめく彼。 そんないやらしい事を何回も続けてたっぷり1時間オチ○チンを味わっ ているうち、私もすごい感じてきてしまい我慢が限界になってきました 。ねえ、私もうダメよ! 彼もウーッンーッダメだあー! と言いだし ました。私は腰が壊れてしまうほど激しく動かして信じられないほどの 大きな波がやって来るのを待ちました。 アアーーーーーッ!!!! 気が付くと私は彼の胸の上で口からヨ ダレを垂らしてました。彼の顔を見ると目をつぶり大きな口を開いたま まです。ハーハー呼吸が苦しくて酸欠で頭がボーッとしている私。もう だめ~~ 激しい快感が引いて行きやっと動けるようになった私は腰を持ち上げて オチ○チンを体から出しました。彼と私のマタはヌルヌルで汚れまくっ ていました。あーんすごかったわ! おかしくなっちゃった! 彼もやりすぎだよ! 腰が抜けた!! そう言いました。私も腰に 力が入らず起きあがれません。そんなになるほど気持ちよかったんです 。性欲を限界まで吐き出して満足してスヤスヤと寝込んでしまいました 。 ねえ帰ろうよ。下腹部にオチ○チンが入ったままの感触と快感が残って ましたがモーテルを出るとUターンして高速道路を蛇行運転しながら家 に戻りました。 途中ミニスカの中にまた指を入れてくる彼。私は喜んでマタを開きクリ トリスをいっぱいいじられました。もうパンティーの中はグチョグチョ 。だって気持ちいいんだもん。これだからエッチやめられないのよ! 家に戻ると彼は疲れたあーと言い、ごろんと横になって寝てしまいまし た。私は今すぐエッチしたいのに。 家に戻ると彼は疲れたあーと言い、ごろんと横になって寝てしまいまし た。私は今すぐエッチしたいのに。RU486

 
-

渡地区は、メディアを通知

Posted by admin on 1月 11, 2011 in RU486

“最も短いフィットネスルーム昆明で、住んでいた “12月19日のを除去することなく、床が昨日壊れて解体されており、コマンドに報告して、メディア本部、研究や議論を通知するために村の通りの六渡地区復興を運ぶ高い当局は酪農労働者が現在のビジネスパークを調整するために戻って都市住宅計画地の範囲を進めること、および地域計画の村復興の外側に同意します。威哥王一方、同社は直ちに乳製品建設、移転の下前方手ごろな価格の住宅の移転を停止するように指示されており、関連する作業のフォローアップ処理します。以前は、建物の改修のフィットネスルームで酪農フォワードは、メディアによって解体エリアに要求されました”フィットネスルームの昆明で最も短命。”キャリー六渡地区本部は先に旧酪農株式会社の昆明、村の通りの再構築を知らさ公司は、生産工場を含む6つのエリアを運ぶ塔渡地区密村通りにある昆明の会社(昆明、両元国営農場)です。 2つのバッチ内のスペースは、住宅リフォーム、スラム街、古い家は、申請により、2007年、2008年、タワー近くに起因して、工場は住宅の31280平方メートルをカバーする構築するための状態では、アクセス許可を計画して土地の提案割り当てを取得する村の土地紛争がために建設許可を取得するために2009年11月まで存在しています。 2010年1月、、昆明市計画委員会は、地域の一つとして、村地域の復興の塔の近くを承認することに合意した。よれば、昆明産業転換するには、開発の全体計画は、入学のために集まる企業の乳製品の開発を進めていますので、村の村の計画を考慮の密なナラッタ変換と一緒に塔の密なパッチの村です。膜領域の詳細施工計画プロセスでは、その牛乳だけで社会資源の不必要な廃棄物を、最初に本社を避けるために、手ごろな価格の住宅建設を進めて開始理解この前方酪農事情、要求会社領域を決定し、関連する作業を行う詳細な計画の工事中の建設モラトリアム。この数回ではなく、酪農の停止前方にもかかわらず、2010年10月13日398台(79.46平方メートルの面積を含む88.10平方メートルの床面積の単一のセット)の合計まで水キャップなしで、基本的にされており、すべての家ではなかった世帯の特定の割り当て。本社、工場や移転作業の調査を実施する前に、工場内の住宅地内の酪農労働者の進歩が、11月中旬に前方本部までそう牛乳は、企業の移転契約を締結しました。コマンドのスタッフの代表者を介して、アカウントへの企業の労働者の実際の状況を撮影”将来酪農有限公司昆明(旧第二ファーム)従業員の住宅の移転補償と移転実施計画”戻って移動の定式化フォーラム家庭調査を開催定住住宅、補償および国民の関心と私の自主的に傾斜して指定された特別なケアの他の問題の面積は、企業の従業員は移転や金銭的補償、移転及び他の遷移の支払いを確実にするための移行期間に戻って移動するかを選択できます。これまでのところ、手ごろな価格の住宅の移転再定住と補償の398ユニットは契約の263セットをも除去実質的に署名した。本部は、高い当局は6通りの村の復興の渡地区本部とレポートでは、ビジネスを調整するために住宅企画スタッフのための乳製品の土地の範囲を進めるよう検討することに合意運ぶ、まだ別のビューがある一部の労働者の現在の住宅移転を考えると、当該都市公園や地域計画の範囲の外に退職の村の変換。一方、同社は、すぐに建設中の再配置を酪農前方手ごろな価格の住宅の移転を停止するポップアップ関連する次の処理を指示されている。が必要です事前の乳製品会社は、次のコマンドでワーキンググループ専門正しく幸いなことに関連する処理、ポップアップ手ごろな価格の住宅を構築するには、次問題を修正しました。 “最も短いフィットネスルーム昆明で、住んでいた “12月19日のを除去することなく、床が昨日壊れて解体されており、コマンドに報告して、メディア本部、研究や議論を通知するために村の通りの六渡地区復興を運ぶ高い当局は酪農労働者が現在のビジネスパークを調整するために戻って都市住宅計画地の範囲を進めること、および地域計画の村復興の外側に同意します。一方、同社は直ちに乳製品建設、移転の下前方手ごろな価格の住宅の移転を停止するように指示されており、関連する作業のフォローアップ処理します。以前は、建物の改修のフィットネスルームで酪農フォワードは、メディアによって解体エリアに要求されました”フィットネスルームの昆明で最も短命。”キャリー六渡地区本部は先に旧酪農株式会社の昆明、村の通りの再構築を知らさ公司は、生産工場を含む6つのエリアを運ぶ塔渡地区密村通りにある昆明の会社(昆明、両元国営農場)です。 2つのバッチ内のスペースは、住宅リフォーム、スラム街、古い家は、申請により、2007年、2008年、タワー近くに起因して、工場は住宅の31280平方メートルをカバーする構築するための状態では、アクセス許可を計画して土地の提案割り当てを取得する村の土地紛争がために建設許可を取得するために2009年11月まで存在しています。 2010年1月、、昆明市計画委員会は、地域の一つとして、村地域の復興の塔の近くを承認することに合意した。よれば、昆明産業転換するには、開発の全体計画は、入学のために集まる企業の乳製品の開発を進めていますので、村の村の計画を考慮の密なナラッタ変換と一緒に塔の密なパッチの村です。膜領域の詳細施工計画プロセスでは、その牛乳だけで社会資源の不必要な廃棄物を、最初に本社を避けるために、手ごろな価格の住宅建設を進めて開始理解この前方酪農事情、要求会社領域を決定し、関連する作業を行う詳細な計画の工事中の建設モラトリアム。この数回ではなく、酪農の停止前方にもかかわらず、2010年10月13日398台(79.46平方メートルの面積を含む88.10平方メートルの床面積の単一のセット)の合計まで水キャップなしで、基本的にされており、すべての家ではなかった世帯の特定の割り当て。本社、工場や移転作業の調査を実施する前に、工場内の住宅地内の酪農労働者の進歩が、11月中旬に前方本部までそう牛乳は、企業の移転契約を締結しました。コマンドのスタッフの代表者を介して、アカウントへの企業の労働者の実際の状況を撮影”将来酪農有限公司昆明(旧第二ファーム)従業員の住宅の移転補償と移転実施計画”戻って移動の定式化フォーラム家庭調査を開催定住住宅、補償および国民の関心と私の自主的に傾斜して指定された特別なケアの他の問題の面積は、企業の従業員は移転や金銭的補償、移転及び他の遷移の支払いを確実にするための移行期間に戻って移動するかを選択できます。これまでのところ、手ごろな価格の住宅の移転再定住と補償の398ユニットは契約の263セットをも除去実質的に署名した。本部は、高い当局は6通りの村の復興の渡地区本部とレポートでは、ビジネスを調整するために住宅企画スタッフのための乳製品の土地の範囲を進めるよう検討することに合意運ぶ、まだ別のビューがある一部の労働者の現在の住宅移転を考えると、当該都市公園や地域計画”最も短いフィットネスルーム昆明で、住んでいた “12月19日のを除去することなく、床が昨日壊れて解体されており、コマンドに報告して、メディア本部、研究や議論を通知するために村の通りの六渡地区復興を運ぶ高い当局は酪農労働者が現在のビジネスパークを調整するために戻って都市住宅計画地の範囲を進めること、および地域計画の村復興の外側に同意します。一方、同社は直ちに乳製品建設、移転の下前方手ごろな価格の住宅の移転を停止するように指示されており、関連する作業のフォローアップ処理します。以前は、建物の改修のフィットネスルームで酪農フォワードは、メディアによって解体エリアに要求されました”フィットネスルームの昆明で最も短命。”キャリー六渡地区本部は先に旧酪農株式会社の昆明、村の通りの再構築を知らさ公司は、生産工場を含む6つのエリアを運ぶ塔渡地区密村通りにある昆明の会社(昆明、両元国営農場)です。 2つのバッチ内のスペースは、住宅リフォーム、スラム街、古い家は、申請により、2007年、2008年、タワー近くに起因して、工場は住宅の31280平方メートルをカバーする構築するための状態では、アクセス許可を計画して土地の提案割り当てを取得する村の土地紛争がために建設許可を取得するために2009年11月まで存在しています。 2010年1月、、昆明市計画委員会は、地域の一つとして、村地域の復興の塔の近くを承認することに合意した。よれば、昆明産業転換するには、開発の全体計画は、入学のために集まる企業の乳製品の開発を進めていますので、村の村の計画を考慮の密なナラッタ変換と一緒に塔の密なパッチの村です。膜領域の詳細施工計画プロセスでは、その牛乳だけで社会資源の不必要な廃棄物を、最初に本社を避けるために、手ごろな価格の住宅建設を進めて開始理解この前方酪農事情、要求会社領域を決定し、関連する作業を行う詳細な計画の工事中の建設モラトリアム。この数回ではなく、酪農の停止前方にもかかわらず、2010年10月13日398台(79.46平方メートルの面積を含む88.10平方メートルの床面積の単一のセット)の合計まで水キャップなしで、基本的にされており、すべての家ではなかった世帯の特定の割り当て。本社、工場や移転作業の調査を実施する前に、工場内の住宅地内の酪農労働者の進歩が、11月中旬に前方本部までそう牛乳は、企業の移転契約を締結しました。コマンドのスタッフの代表者を介して、アカウントへの企業の労働者の実際の状況を撮影”将来酪農有限公司昆明(旧第二ファーム)従業員の住宅の移転補償と移転実施計画”戻って移動の定式化フォーラム家庭調査を開催定住住宅、補償および国民の関心と私の自主的に傾斜して指定された特別なケアの他の問題の面積は、企業の従業員は移転や金銭的補償、移転及び他の遷移の支払いを確実にするための移行期間に戻って移動するかを選択できます。これまでのところ、手ごろな価格の住宅の移転再定住と補償の398ユニットは契約の263セットをも除去実質的に署名した。本部は、高い当局は6通りの村の復興の渡地区本部とレポートでは、ビジネスを調整するために住宅企画スタッフのための乳製品の土地の範囲を進めるよう検討することに合意運ぶ、まだ別のビューがある一部の労働者の現在の住宅移転を考えると、当該都市公園や地域計画の範囲の外に退職の村の変換。一方、同社は、すぐに建設中の再配置を酪農前方手ごろな価格の住宅の移転を停止するポップアップ関連する次の処理を指示されている。が必要です事前の乳製品会社は、次のコマンドでワーキンググループ専門正しく幸いなことに関連する処理、ポップアップ手ごろな価格の住宅を構築するには、次問題を修正しました。 の範囲の外に退職の村の変換。一方、同社は、すぐに建設中の再配置を酪農前方手ごろな価格の住宅の移転を停止するポップアップ関連する次の処理を指示されている。が必要です事前の乳製品会社は、次のコマンドでワーキンググループ専門正しく幸いなことに関連する処理、ポップアップ手ごろな価格の住宅を構築するには、次問題を修正しました。媚薬

Copyright © 2017 三体牛鞭 All rights reserved. Theme by Laptop Geek.